婦人

ハウスクリーニングで綺麗に片付けよう|清掃サービスの活用法

特殊な掃除も請け負う

道具

特殊清掃を行う業者は増加しています

人は宿命的にいつの日か死を迎えます。自分自身は勿論、身近な人の死に接することもあるでしょうが、誰もが平穏に十分な準備をして終焉を迎えるとは限りません。事故や事件に巻き込まれることもあれば、核家族化が進んだ現代では孤独死等で誰にも看取られずに突然その日が訪れることは必ずしも他人事とは言えません。特殊清掃とは事件や事故等における変死現場や孤独死等で発見が遅れたために住居に多大な被害が生じた際の原状回復を行う清掃業務の一つです。特殊清掃はその業務内容のために通常の清掃サービスよりも十分な知識や技術が求められるため割高な傾向にあります。しかし、近年は特殊清掃業務を行う業者が増えているため価格は従来よりも下落傾向にあります。

昔から行われてた業務です

特殊清掃の業務内容自体は古くからあり必要とされていたことから明らかなように、特殊清掃は昔から行われている清掃サービスです。しかし、従来は通常の清掃業者が清掃業務の一環として行っていましたが、2000年代になってその性商業者の中から特殊清掃を専業とする業者が登場するようになってきたのです。1970年代の高度経済成長を機に日本社会は核家族化が急速に進んで独居生活者が増加すると、誰にも看取られることがないままに亡くなる事例も増加するにようになり特殊清掃の需要が拡大しました。近年の高齢化社会を迎えた社会情勢を見越して専従業者が増加するようになったのですが、2000年代以降にゴミ屋敷等が社会問題化した事も特殊清掃専従業者が現れる契機となっています。

一般でも利用可能

特殊清掃以外にも清掃サービスを利用することができ、その一つがハウスクリーニングになります。ハウスクリーニングでは室内で気になる部分を綺麗にしてもらうことが出来るので、清掃が難しい場所はハウスクリーニング業者に依頼すると良いでしょう。

現代の問題

掃除用具

マンションやアパートなどの賃貸で暮らしていた方が亡くなった場合は大家さんが後片付けをしなくてはなりません。死亡から何日か経過している場合は独特の臭いが残っている場合がありますが、業者に依頼することが可能です。

詳細へ